link.png

2011年01月07日

●双眼鏡選び逡巡記

皆さんご存知のとおり、何本も持っている望遠鏡の中で今、私が主に使用している観測機材はフジノンの25×150mm双眼鏡です。
購入してかなり経ちますが、変わらずすばらしい星像を映しだしてくれています。
鏡筒は、アクロマートの直視タイプで、ニコンのピラーに載せています。
条件の良いときには12等星まで見ることができます。
購入に先立って、勤務先の西美濃天文台に同じ機種の対空ED仕様があり、アクロマートとEDでは星像に大きな差があるのではないかと不安でしたが、実際に使用してみると、星像の差はまったくなく安心しました。
これは恐らく、対空仕様は光路にプリズムが入っているために、プリズムの収差や吸収に阻害されて、ED本来の性能を発揮できていないためと思われます。
というより、だからこそ対空仕様だけがEDレンズ仕様なのでしょう。
もちろん、高い位置を見る際には対空仕様の方が圧倒的に有利です。
直視だと、60°以上はかなり苦しい姿勢を強いられます。
当初は対空仕様の購入も検討しましたが、何しろ価格が170万円、とても手が出ませんでした。

fujinon.jpg

この双眼鏡を購入するにあたって、ニコンの120mm双眼鏡と宮内光学の140mmED対空双眼鏡も検討しました。
ニコンの方は実際に使用してみて、星像は優れていましたが、可搬性があまり良くないのと、近視の私にとってはピントの可動範囲が狭く眼鏡をかけたままでないとピントが合わなかったので候補から外しました。
残った宮内光学の方は、価格も安くカタログスペックも十分でしたが、小さなメーカーなので、なかなか本物を見るチャンスがありませんでした。
同社の工場は、埼玉県の秩父にあります。
なので、わざわざ東京に行った際に工場まで見に行きました。
秩父市内から外れた辺鄙な場所にある小さな工場で、実際に組み立てラインも見せてもらいました。
突然の来訪者にも親切に対応して下さいましたが、肝心の製品は注文が殺到していて生産が間に合わないとのことで、生産ラインには半完成品しか乗っていませんでした。

ということで、結局、現物を見ることはかなわず、考えたあげく、実績のあるフジノンに決定したわけですが、工場見学の印象が良ければ宮内光学の140mmを購入した可能性も十分にあります。
ただ、その後、勤務先で同社の100mmアクロマート対空双眼鏡を購入しましたが、星像は甘いものでした。

結果として、それまで天文台で使用してきて使い勝手に慣れていたフジノンにしましたが、正解だったと思っています。
今や、「まっちゃんといえばフジノン」と言われるぐらい頻繁に使用していますが、組み立てもラクだし可搬性も星像も良いし、とても満足しています。

2011年01月05日

●猫の車酔い

ウチで飼っている猫たちは、ときどき病院へ行きます。
風邪を引いたり、時にはもっと重篤な病気だったり・・・。
病院は車で10分程度の距離なのですが、基本的にどの猫もいやがります。
キャリーに入れられるだけでも、どこか怖い所へ連れて行かれるのではないかと抵抗し、猫によっては車の中ではずっと鳴きっぱなし、診察室に入ったとたん、人間の手をすり抜けて天井まで駆け上がった子もいます。

230105meso01.JPG

で、今、ウチの女王様であるめそめそ。
いつもは落ち着き払っている賢い猫なのですが、病院が人一倍(猫一倍?)苦手です。
いや、お医者さんや治療が怖いわけではありません。
病院までたった10分、車に乗せられることが大嫌いなのです。
めそめそは車酔いします。
それも、めちゃくちゃ弱いのです。
走り始めて1分ほどで、よだれを垂らし始めます。
人間でも車に酔うと、はじめはやたらと唾液が出てきますが、それと同じなのでしょう。
次に、おしっこを漏らします。
最後には大便まで漏らしてしまいます。
もちろん、この頃には口の周りはよだれでベタベタです。

私も子供の頃、車に酔ったことがありますが、それにしても乗車後1分で酔ってしまうことはありませんでした。
猫は平衡感覚が優れている分、三半規管が鋭敏で酔いやすいという話を聞いたことがありますが、ウチで飼っている他の猫たちは、動物病院へ行く程度の道のりで、これほど酔っぱらうことはありません。

めそめそにとっては、きっと死ぬほど辛い病院通い。
できるだけ連れて行かずに済ませたいのですが、アレルギーの注射を毎月打たないといけないために、最低でも月一回は車に乗らなくてはならないのです。
もちろん私も、できるだけ酔わないように丁寧な運転を心がけますが、それでもダメみたいです。
かわいそうなめそめそ。

まあ、車に乗って酔いもせず走り回っている人間の方が、動物としては変種なのかもしれません。
動物にとっては、自分の足で歩くのが基本ですからね。

2011年01月03日

●正月早々ひどい目に・・・

今年のお正月は大雪もなく、穏やかに過ごせそう・・・と思っていたら、年始早々ひどい目にあってしまいました。

元旦の晩のことです。
カミさんも娘も帰省しているので、一人でお雑煮とおせちの食事を摂り、風呂に入り、布団に入ったのですが・・・。
真夜中過ぎ、ふと目が覚めました。
何やら胃がひどく重たく、吐き気がします。
そのうち、下腹も痛くなってきました。
とりあえず正露丸を飲み、布団の中で丸まっていたのですが、吐き気と腹の痛みは募るばかり。

「こりゃイカン!」とトイレに立ちました。
トイレにたどりついたとたん、汚い話で恐縮ですが戻してしまいました。
同時に水のような下痢も・・・。
あとは一晩中、この繰り返し。

トイレと布団を往復するうちに、夜がしらじらと明けてきました。
もう、ふらふらです。
脱水症状になるとやばいので水分補給だけは心がけ、出かける予定があったのですが、キャンセルさせてもらって、快晴のお出かけ日和にもかかわらず、2日はほぼ一日中、寝ていました。
この日食べたのはバナナを2本のみ。

何か食べ物に当たったのでしょうが、そう怪しげなものも食べておらず原因は不明です。
3日にはかなり回復しました。

お正月早々、情けない話題で恐縮です・・・。

2011年01月01日

●2011年の天文現象

あけましておめでとうございます。
私の住んでいる地域では雪模様の新年となり新年早々の星を見ることはかないませんでしたが、今年もさまざまな天文現象が起こります。
今年、見ることができる天文現象の概観をご紹介しましょう。

もうすぐ、1月4日明け方には、3大流星群のひとつである「しぶんぎ座流星群」が見られます。
条件の良いときには1時間当たり100個以上が見られるこの流星群、今年は残念ながら極大予想時刻が4日の昼間に当たっています。
4日の夜明け前に向かって流星数が増加し、夜明け直前には1時間あたり30個前後が見られることと思います。
観測するつもりですが、お天気がちょっと怪しい・・・。

流星群は、今年は残念ながらペルセウス群、ふたご群といった主要群が満月に阻まれます。
条件が良いのは、5月の連休中に見られる「みずがめ座η流星群」、7月の「みずがめ座δ流星群」、同じ頃に出現する「やぎ座α流星群」ぐらいでしょうか。
両みずがめ群は、1時間あたり数個~十数個の出現が見られますが、やぎ座α群は1時間あたり1~2個と小規模です。
ただし、ときどき、信じられないほど見事な火球を飛ばします。
あとは、10月の「オリオン座流星群」が下弦の月の影響を受けるものの、まあまあの好条件です。
2006年から続いた活発な出現は昨年で終わりとされていますが、それを確かめるのも観測の大きな目的でしょう。
「ジャコビニ群」として知られる10月の「りゅう座流星群」も注目です。
母天体の回帰が間近なことと、複数のダストトレイルが接近することから、多くの流星が見られるのではないかと期待されています。
ただしトレイルの再接近時はヨーロッパ方面になります。
日本では望み薄ですが、大出現すれば、見られる数はごく少ないながら、おこぼれにあずかれる可能性もあります。

日食・月食は、6月16日に皆既月食が見られるものの、皆既になるかならないかのうちに月没となってしまいます。
条件が良いのは、12月10日から11日にかけての皆既月食です。
真夜中に皆既となり、冬で月の位置も高いことから、特に冬に天候の良い表日本では素晴らしい月食が見られることでしょう。

食現象として注目すべきは、1月8日に見られる小惑星(212)Medeaによる10.0等星の食でしょう。
ほぼ東海道地域に沿って見ることができ、週末の晩、しかも小惑星が大きいので最大18秒間にわたる継続時間があります。
私は小惑星による食を見たことがありませんので、この機会にぜひ見てみたいと思っています。

惑星では、水星が、3月中旬から下旬にかけて夕空で観測好機を迎えます。
水星を見たことがないという方は、この機会に探してみて下さい。
案外、簡単に見つかりますよ。
土星は、環の傾きがだいぶ戻ってきています。
気候の良い初夏が観測の好機です。
観望会を開催して、一般の方に土星を観察してもらいましょう。
木星は、南赤道縞がどれだけ回復するかが観測のしどころです。

彗星は、2009P1ガラッド彗星が年末にかけて7等台まで明るくなります。
日本人に関係した彗星では、27Pクロンメリン彗星と45P本田・ムルコス・パジュサコバ彗星が回帰しますが、どちらも観測条件は良くありません。
予期せぬ新彗星に期待しましょう。

今年の天文現象をざっと見てきました。
できるだけ全ての現象を観測したいなあと思っています。
観測機器も充実を検討していますので、もしかしたら新鋭機を入手するかも。
また、なかなか果たせない南半球への遠征も検討中です。
仕事が重ならなければいいのですが・・・。

2010年12月30日

●東大和天文同好会の忘年会

29日は、東京で東大和天文同好会の忘年会に参加してきました。
東大和天文同好会は、1973年に私と、現在、愛知県の公開天文台で勤務しているS君が中心になって設立した同好会です。
再来年には創立40周年を迎えるこの会、会員が全国に分散してしまったことや仕事が忙しくなったことで、昔のような活発な活動は行っていませんが、毎年、年末には東京に集まって忘年会を行っています。

今回の参加人数は、やや少なかったものの,40年近く苦楽を共にしてきた戦友のような仲間ばかり。
しかも、古参メンバーそれぞれの人生経歴は、どれも一冊の本が書けるほど強烈で個性的なものです。
話は天文に限らず、株の運用からバイク(ほぼ全員がライダーでした)、交通取締りをいかに逃れるか、また過去のさまざまな悪業(?)にまで広がり、懐かしいやら情けないやらで爆笑の連続。
女性メンバーが帰った後には、男性専科のような話まで発展しましたが、その場にいた中では最年少だったS君の息子さんももう20歳ということで、解禁(?)して聞かせてしまいました。
本当に、集まったメンバーたちは、同じ釜の飯を食い、何度も死んだり逮捕されるような目にあいながら、
持ち前の図々しさと根性でこの歳までしぶとく生き延びてきた者ばかりです。

S君の天文台で、かつてバイトをやっていた方も同席しており、アンビリバボーな話の連続に驚くやら爆笑するやらで「本当にこの会、悪業三昧を繰り広げてきた・・・もとい、常識破りのことばかりやってたんですね。ぜったい天文家じゃないですね」と感動していました。
その方は、かつて私とS君が藤橋で暴走族狩りをやったときにS君の車に同乗していたとのことで「あのときも興奮しました」とのことでしたから、なかなか見込みのある若者のようです。

このブログでも『未公開観測記』として過去の行状の一部を公開していますが、あれはさほど過激ではない大人しい事件だけを書いています。
もう時効でしょうから、今度はもう少し過激な過去も書いてみようかな。

とにもかくにも、懐旧と爆笑のうちに居酒屋の夜は更けていったのでした。

2010年12月28日

●憧れだったスカルナテ・プレソ星図

今では、誰でも簡単にパソコン版の星図を入手でき、記載されている等級も天体カタログの併用により16等より暗い天体まで確認することができる上に、閲覧範囲の拡大も縮小も思うがまま、さらに天体望遠鏡の制御にも使えるなど、星図の機能はPC化によって無限に拡がった感があります。

でも、私が天文を始めた頃は、星図というのはとても入手しずらいものでした。
当時、国内で簡単に入手できた星図は、地人書館の「新標準星図」と誠文堂新光社の「全天恒星図」の2種類のみ、記載されている等級も6等台でした。
私は新標準星図を常用していましたが、今から振り返っても良くできた星図だったと思います。

その頃、海外で発刊されたものでは、スカルナテ・プレソ(ベクバル)星図が何といっても憧れの的でした。
スカルナテ・プレソ天文台のベクバル博士が編纂したこの星図、8等級まで記載されている上に星雲・星団の記載も詳細で、コメットハンターには必携と言われていました。
これが欲しくてたまらなかったのですが、輸入するしかなかったために、当時、中学生だった私には入手することができなかったのでした。

何とか手に入らないものかと探していたところ、ある図書館に、この星図の卓上版があることがわかりました。
今ならすぐにコピーするところですが、当時は気の利いたコピー機もなく、困り果てた私は、あることを思いつきました。
いや、思いついた、というほどのことではありません。
コピーできないのなら、一枚一枚、トレースしてやろうと思ったのです。

トレースの方法は何とも原始的です。
その星図を明るい窓に貼り付け、その上に白い紙を重ねて恒星や星雲・星団、さまざまな記号などをひたすら忠実に写し取っていくのです。
わかりやすいように、恒星は黒、銀河は青、散光星雲はピンクというように、天体の種類によって色の違うサインペンでトレースしました。
一枚仕上げるのに要する時間は数日。
途方もなく手間のかかる作業です。
このようにして、ようやく私は、憧れの星図を自分のものにすることができたのでした。

その後、スカルナテ・プレソ星図の本物も購入し、他にもスカルナテ・プレソ以前に広く使われていたノルトン星図や旧ソ連のミハイロフ星図なども入手し、当面、星図に不自由することはなくなりましたが、窓に向かってスカルナテ・プレソ星図を丹念にトレースしていった中学生の頃が、今から思えばとても貴重な
時代だったように思えます。
あの頃、必死でトレースした星図、今もときどき探してみるのですが、見つかりません。
家のどこかにはあると思うのですが・・・。

今は、広域用に全天恒星図、詳細な確認用にはウラノメトリア2000を主に使用しています。

2010年12月26日

●ホワイトクリスマス@宿直

クリスマスの昨夜は宿直でした。
宿直は、おおむね毎月2回、回ってきます。
役場に一晩、泊まりこむわけですが、私は旧藤橋村役場の出身なので、揖斐川町の藤橋振興事務所で宿直をすることになっています。

221226fujihashisnow.JPG

北陸地方に大雪注意報が出ていた昨日、北陸に近い藤橋でも積雪が予想されましたので、長靴だけ用意して出かけました。
もっと本格的な冬型になると、スコップから車の雪落としまで積みこんで出かけます。

家を出る時には雪はまったく降っていませんでしたが、旧久瀬村まで来ると、けっこうな降雪です。
でも道路はうっすらと白いぐらいで大したことありません。
ところが旧藤橋村へ入るや、道路は真っ白、20cmほどの積雪となりました。
旧藤橋村は、以前は特別豪雪地域に指定されていた場所で、多いときには2m以上の雪が積もるのです。
藤橋振興事務所周辺では、夜になって小降りになりましたが、今年初めての本格的な雪景色となりました。

写真は、振興事務所前を流れている揖斐川の今朝のようすです。
関東近郊であれば「○○峡谷」と名づけられて景勝地となりそうな景色ですが、藤橋在住・在勤中は、毎日、この景色を見て通勤していました。
田舎暮らしに憧れる都会人には、羨ましい景色かもしれませんね。
実際、雪さえ降らなければ、自然に囲まれ、星も綺麗に見えるし、暮らしやすい場所でした。